宿便の出し方

宿便の出し方|薬剤師が解説

宿便の画像

 

 

冒頭からちょっとグロい宿便の画像から失礼しました。

 

こんにちは薬剤師のタカラです。

 

テレビ番組や雑誌などで「宿便」という言葉を聞いたことがある人が多いですよね。

 

みなさんが想像する宿便とは普通のうんちではなく、上図のような黒く粘度の高い便が腸壁にへばりついていて、なかなか排泄されない非常に厄介な便のイメージをお持ちの方が多いと思います。

 

人によっては腸のヒダヒダの隙間に何日も長い間詰まってしまった便と解釈をする人もいますし、大腸ポリープなどで腸の中でポリープに引っ掛かかりなかなか出てこない便だという人もいます。

 

また排泄した際に、いつもの便よりもにおいが臭く、黒色のタール状の便が出たら宿便だという人もいます。

 

腸の中で長い間滞留しているので、滞留便という風に解説するサイトもあります。

 

しかしこれは本当なのでしょうか?


 

 

宿便はまず出してしまうことが大事!薬剤師が教える市販の便秘薬についての記事はこちら

【薬剤師が解説】市販便秘薬のおすすめ|年齢・性別・症状別に解説

 

 

宿便の嘘?本当?!

腸の中の構造は管状になっていて、腸の筋肉が縮んだり伸びたりしながら管を動かし、便を肛門へと運んでいきます。

 

腸の谷間に便が詰まっているものが宿便なのであれば、この谷間は常に動いているため、挟まって身動きがとれないということはありません。

 

大腸はのの字の形でお腹の中に収納されており、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、とカーブの多い構造です。

 

この90度近いカーブの部分には便がたまりやすく、便秘の際には注意が必要ですが、腸の曲がり角に常に滞留して存在する宿便はありません。

 

結論とすると多くの人にイメージされている大腸に長い間存在してる宿便は存在しないと考えてよいでしょう。

 

しかし、小腸には微絨毛という毛のようなフサフサした突起が無数にあり、それらが小腸にたくさんあるため、この部分に小麦のグルテンや添加物などがたまりやすいのです。

 

小腸の絨毛NHKより
画像引用:https://www.nhk-ep.co.jp/body-the-inside-story-2/

 

小腸の絨毛についた汚れが、栄養の消化吸収の悪化原因となり、老廃物の排泄も遅れ、全身に悪影響を及ぼします。

 

さらに腸内フローラのバランスが崩れ、小腸粘膜が炎症を起こし、リーキーガット(腸もれ)状態になると、小腸から血管内に入れたくない細菌や大きな食物が入ってきてしまいアレルギーなどの原因となります。

 

また、慢性的な便秘が起こると、小腸、大腸合わせた腸全体が滞り、問題をさらに悪化させます。

 

腸内フローラのバランスの崩れと、小腸の汚れ、大腸の滞りの慢性便秘は同時進行で対策を打たなくてはなりません。

 

医療用語では宿便という言葉はありませんが、これらの総称を私は宿便状態ということにしています。

 

 

▲ページメニューにもどる

宿便の色と画像

宿便の色の画像
出典:汚れた腸が病気をつくる 著者:バーナード・ジェンセン

 

色はコールタール上の黒色で、ゼリー状のものからぶつ切りの破片、ロープのような長さのものまであり、宿便の量も様々です。

 

これらが腸の中に長い間停滞することで、老廃物の不要な物質が血管から全身に運ばれ、病気や不調の原因となります。

 

 

▲ページメニューにもどる

宿便の出し方

宿便の排出方法
ひどい宿便や便秘の方の対処方法は様々です。
便秘薬が手放せなくなっている人も多いのではないでしょうか?

 

下剤や便秘薬を長く使っていると、薬なしでは排便ができなくなってくる方が多いと思います。
しかしこの状態で便秘対策を行っても、結果便秘薬を利用しないと宿便の解決ができず、一時的な便秘対策となる方が多いのではないでしょうか。

 

便秘薬を利用しながら腸内環境を整え、便秘体質の改善方法について紹介していますので、該当ページを参考になさってください。

 

 

▲ページメニューにもどる

宿便(慢性便秘)に効く便秘薬

宿便対策の便秘薬
便秘がひどく肛門の手間の直腸部分で硬い便が栓のようになっている状態は、一度便秘薬を使用して流れを良くする方が得策です。

 

無理に野菜などから食物繊維などをたべすぎると、出ないのに便が増量され、便秘がもっとくるしくなる事につながります。

 

もし食事で対策するのであれば水溶性食物繊維を多く摂りましょう。

 

いつも利用している便秘薬でよいのでひどい場合は飲んで一度リセットをし、正しい便秘解消法を翌日からはじめましょう。

 

便秘薬の種類も「浣腸」「刺激性下剤」「塩類下剤」「整腸剤」など様々です。

 

状態によって選び方も異なりますが、おすすめの宿便対策の薬の選び方は以下のリンク先で紹介しています。

 

 

▲ページメニューにもどる

宿便対策に漢方薬はおすすめか?

宿便対策の漢方薬について
たまに漢方薬を宿便対策に使いたいという問い合わせをいただくことがあるのですが、漢方薬について勘違いされている方がよくいます。

 

漢方薬は天然素材なので安心安全で毎日飲んでも大丈夫。 こう思っているんですね。

 

ところが、漢方で宿便や便秘対策で使う場合、「大黄(だいおう)」という成分が入っています。

 

この「大黄(だいおう)」は刺激性下剤と同じく、腸を刺激することで無理に便を排泄するタイプのものなので、便秘体質の改善にはつながりません。 

 

逆に飲み続けると効果が出にくくなるものです。

 

薬の名前で言うと「防風通聖散」「大黄甘草湯」「麻子仁丸」「潤腸湯」「桃核承気湯」などです。

 

便秘体質、宿便体質の改善には漢方だけではなく以下のサプリメントなども検討しつつ、腸内フローラから立て直す方法をおすすめします。

 

 

▲ページメニューにもどる

宿便対策のサプリはコレ

宿便には乳酸菌サプリで体質改善
便秘がひどい方は下剤や便秘薬は宿便を治す薬ではなく、一度リセットする薬だということを知るべきです。

 

宿便対策は毎朝の排便習慣が重要。
その際には宿便対策のサプリメントを利用することをおすすめします。

 

たくさんのサプリメントがありますが、おすすめは乳酸菌サプリです。

 

乳酸菌サプリでも選ぶべきものがありますので以下のページで紹介しますので、参考になさってください。

 

たまに炭の成分が便秘解消や宿便対策に有効であるという情報を目にすることがありますが、最初に選ぶべきは乳酸菌からです。

 

 

▲ページメニューにもどる

宿便対策の飲み物

宿便に効果的な飲み物

 

ネットで検索すると宿便対策のお茶やスムージー、青汁を目にすることがあります。

 

スムージーや青汁を選ぶ際は、食物繊維量を比較してみるべきです。 商品によって10倍くらい差があるので、選び方には注意が必要です。

 

また便秘茶を選ぶ際には注意が必要。

 

下剤と同じような作用のある「キャンドルブッシュ」という成分が入っているものが普通に通販で売っています。

 

これは下剤と同じ成分なので、お茶だから安心などと勘違いし毎日飲んでしまうと腸が刺激慣れてしまい便秘茶がやめられなくなるということにつながります。

 

もし便秘茶で宿便を対策したいなら、普通に便秘薬飲めばいい話なので、こういった便秘茶には手を出さないでください。

 

詳しくは便秘茶の注意喚起ページにて

【キケン】便秘茶は飲むな!

 

 

▲ページメニューにもどる

宿便対策に断食で腸内デトックス

断食で宿便を治す

 

断食やファスティングで宿便を出したいというニーズは非常に高いですね。

 

ネイチャーやセルといった科学誌のトップジャーナルにも断食の効果の論文が発表されたことが発端となりファスティングやプチ断食が大ブーム。

 

断食は食物繊維量が激減するのでお通じの改善ということではないにせよ、少食、断食をすることで腸内に余計なものが入ってこず、内臓が休まり、断食明けに当ページ冒頭で見ていただいた真っ黒い便が出るなどの報告は多数あります。

 

健康的なダイエット方法として断食は重宝されています。

 

初めての人は独自で断食をやるより、しっかりとしたやり方を伝授してもらってからの方が辛くないので、専門のファスティング店や断食道場で教わりながらやってみましょう。

 

参考:デトックスにブーム再来? 科学的根拠が後押し

 

 

▲ページメニューにもどる

宿便(慢性便秘)の病気・症状

 

便秘がひどくなってくると、腸内フローラの悪化がすすみ、体にさまざまな悪影響があります。

 

一番よく知っておいてほしいのが免疫に関してのことです。
腸は体内の免疫力の60%〜70%を支配していると言われています。

 

その免疫力が落ちるか、増強するかによって病気になりやすくなるか、抵抗力が上がるかという差になってきます。

 

当然宿便がひどい状態であれば腸内フローラが乱れるため、免疫力が下がります。

 

すると、風邪や感染症などの病気になりやすくなったり、免疫機構の以上で起こるアレルギー、花粉症、蕁麻疹、アトピーなどの悪化も起こりやすい環境です。

 

さらに言うと毎日体内でできる5000個のがん細胞を死滅させることができなくなる可能性があります。

 

免疫力の低下が長引くと、さまざまな病気のきっかけとなることが考えられるので、ひどい便秘や宿便状態の方は腸内環境を整えるという考え方を持つとよいでしょう。

 

 

▲ページメニューにもどる

宿便(慢性便秘)の病院

 

宿便は大変つらいので、病院にかかったほうがよい状態の人もいるでしょう。
一週間以上便がでないという方は一度専門家の病院を受診することをおすすめします。

 

宿便でかかる時には普通の内科よりは消化器科、消化器内科、胃腸科といった腸のスペシャリストがいる病院の方が、ただしい排便アドバイスや薬のサポートをうけることができますので、ひどい場合はこちらを受診してみましょう。

 

また、腸内洗浄をしてみたいという方がたまにいますが、腸内洗浄は基本的にお勧めはしていません。

 

なぜならすごい強力な浣腸をしているのと同じだからです。 老廃物を排泄させる力はすごいと思いますが、体質改善にはつながりません。

 

体内にいる腸内フローラの善玉菌も同時に大量に流してしまうので、腸内洗浄をするよりは、食事から腸内フローラを整え、薬やサプリで排泄のコントロールをして宿便体質からの脱却を図った方が根本対策となるでしょう。

 

 

▲ページメニューにもどる

宿便(慢性便秘)の原因

ひどい便秘の原因は人それぞれにはなりますが、いくつか原因が入り混じって治りづらい慢性的な便秘症状になっている方が多いのではないでしょうか。

 

便秘原因を列挙していくので、ご自身に思い当たる原因をチェックしていただき、一つづく解決方法を考えてみましょう。

 

宿便の原因@便意の我慢

うんちをするという事は、はずかしいことという風に思い、特に女性の多くは便意を我慢してしまう方が多いですがこれは大変危険です。

 

便意というのは生体反射なので、生理現象です。
その生理現象を意志の力でねじ伏せて便意を我慢し続けるとどうなるかというと、反射のシグナルをキャッチする脳が混乱を起こし、より強いシグナルがないと便意を起こさないようになってしまいます。

 

学校や職場、通勤通学中などで便意の我慢を繰り返すことで、やがて便意がおこらない体になってしまう人がいます。
この対処方法はアナログですが、現在の状態で便意やおならなど肛門に来る反射がおこる時には素直にトイレに行くことをおすすめします。

 

また、時間がかかりますが毎朝の排便習慣をつけることで徐々に元に戻っていきます。

 

宿便の原因A食事の偏り・食事量の減少

お通じに良い食事としてみなさんもご存じの野菜などの食物繊維や、乳酸菌などの発酵食品をたくさん摂るというとても基本的なことではありますが、これを怠っている人が多いものも一つの原因です。

 

日本人の平均食物繊維摂取量は厚生労働省が摂取目標としている量よりも大きく下回っています。
良くに若い世代の食物繊維摂取量の低下は顕著で、深刻な状況といっても良いでしょう。
宿便に悩んでいる方の多くは、便秘解消のために何かしら野菜やくだものなどを摂取することを意識している方が多いと思いますが、繊維の種類にもこだわって摂取するようにしましょう。

 

また、ダイエットをする方が多いと思いますが、ダイエット中の便秘悪化に苦しむ方もまた多いのが現実です。

 

日本人の食物繊維摂取の一番の源は「穀物」です。
いわゆるお米なのですが、ダイエットで炭水化物抜きなどの方法を取られる方が多いのですが、お米を食べなくなるというのはカロリー制限にはなりますが、食物繊維制限にも同時になってしまいます。

 

食べすぎなければ穀物はそんなに太る原因とならないので、おし麦、もち麦など雑穀を入れた食物繊維多めのダイエットライスを少量でもいいので召し上がることをおすすめします。

 

また宿便などひどい便秘症状になってしまうと、食物の腸の滞在時間が増え、悪玉菌が増加し、有毒なガスが発生し、血流が悪くなることで太りやすくなります。

 

特に宿便など便秘ぎみの方が健康的に痩せたい場合は、必要なものは食べる戦略を取ることがダイエット成功の近道といえるでしょう。※もちろん運動も合わせて行ってください。

 

宿便の原因B運動不足

 

宿便や便秘体質の方は、あまり運動することが得意ではないという方もおおいのではないでしょうか。
毎日仕事や運動をなさっている方はここを読み飛ばしてもらって大丈夫ですが、宿便に効果的な運動やストレッチの方法を紹介していきます。

 

 

▲ページメニューにもどる

宿便対策の運動

腰まわりのねじり運動をしましょう。
ひどい便秘や宿便の状態は腸の動きが弱く、便の排出速度が落ちています。

 

このような状態の場合、外からの刺激も腸を動かすきっかけになるのでお腹周りの運動をしましょう。

 

素直に腹筋をしても良いです。

 

立った状態で太ももを引き上げる行進運動、行進運動にねじる運動をプラスした右ひじを左膝に近づけ、次に左ひじを右膝に近づける行進運動などもよいでしょう。

 

立った状態で腰に手を当て、腸を直接手でもみならが腰を回す、フラフープの運度などもよいでしょう。

 

室内でできる運動はこのような腰回りを動かす運動がおすすめです。

 

また、晴れた日には屋外でお散歩するなど有酸素運動をするとリラックスでき副交感神経を刺激するため宿便にも効果的です。

 

ここまで、便意の我慢をしない、食事に注意をする、運動をするといった基本的な宿便対策をお話していますが、これらを続けながら排便習慣をつけていくため、便秘薬の減量をしていきます。

 

 

 

▲ページメニューにもどる

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘




関連ページ

直腸性便秘とは?その原因と対策!どんな薬と食事で治す?
便秘の種類「直腸性便秘」とは?という基礎から治し方や改善方法、食事の方法や便秘薬について直腸性便秘を解説していきます。
弛緩性便秘とは?その原因と対策!どんな薬と食事で治す?
便秘の種類「弛緩性便秘」とは?腸の動きが悪くなることで排便ができない弛緩性便秘の便秘薬の使い方や食事、運動について
痙攣性便秘とは?その症状と原因、治療薬について
痙攣性便秘の対応方法として正しい改善方法や、飲んではいけない下剤などの薬への注意を紹介します。

薬剤師たからの無料セミナー開催中!