便秘に効果的な『オクラ』|ハイブリッド食物繊維のペクチンで便通が良くなる!

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘の健康食品>

オクラの便秘解消成分はハイブリッド食物繊維・ペクチン!

 

 

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、便秘に効果的な食材の中には「オクラ」も含まれるんですよ!

 

便秘に良い野菜というと、セロリやごぼうといったいかにも繊維質豊富そうな野菜をイメージしてしまい、「オクラが便秘に効く」と言われてもあまりピンとこない人も多いのではないでしょうか?

 

今回は「オクラが便秘にどのように効くのか?」のしくみや、美味しく便秘を解消できる食べ方などについてご紹介していきたいと思います。

 


 

スーパーで気軽に買える食材の食物繊維量一覧!栄養士による食物繊維の上手な摂り方の解説も

食物繊維一覧表!野菜、豆類、海藻、穀物の100グラム、一食あたりの食物繊維表

 

 

オクラの便秘に対する効果について

オクラといえばネバネバな食感が特徴ですが、あのネバネバ、実は食物繊維だということはご存知でしょうか?

 

食物繊維というとケバケバの繊維質をイメージしがちですが、体内の消化酵素で消化されにくい食品成分は食物繊維として扱われます。

 

オクラのネバネバの主成分はペクチン、ガラクタンといった多糖類で、これらの成分は胃で消化されずに腸まで届き、便のかさ増しや水分保持、あるいは腸内細菌のエサとして働くれっきとした食物繊維なのです。

 

 

食物繊維には不溶性食物繊維水溶性食物繊維の二種類があり、不溶性食物繊維は便のかさ増し、水溶性食物繊維は便の保水といった作用を持ち、ともにスムーズな排便を助けるはたらきを持っています

 

便秘の解消にはこれら水溶性・不溶性の食物繊維両方をバランスよく摂取するのが理想なのですが、オクラに含まれるペクチンは水溶性・不溶性両方の成分を含んでいます。

 

加えて、オクラそのものに含まれる水溶性・不溶性食物繊維のバランスは便秘解消に理想的な割合となっているので、「お通じが硬い」「お通じがゆるい」と悩んでいるどちらの方にもおすすめできる食材です。

 

また、ペクチンをはじめとした食物繊維類は、腸内に棲む善玉菌の良質なエサとして働くため、腸内環境の改善効果も期待ができます。

 

短期的な便の質改善だけでなく、長期的なスパンで見ても便秘体質の改善が期待できるというわけですね!

 

食物繊維はバランスが大事!食物繊維の便秘に対するはたらきの図解と理想の割合について解説した記事はこちら

便秘の人の野菜の取り方!水溶性・不溶性食物繊維の割合について

 

 

他にも、オクラには多彩なミネラル分が含まれていますが、中でも豊富に含まれるマグネシウムには腸内に水を引き寄せ便を柔らかくする働きがあります。

 

ひところのデトックスブームで人気となった硬水の主な有効成分がマグネシウムですが、実際スムーズな排便のためには積極的に摂っておきたい成分でもあります。

 

硬水(ミネラルウォーター)に含まれるマグネシウムのはたらきについてはこちら

便秘に硬水が効果があるってホント?

 

 

 

オクラの効果的な食べ方について

オクラの効果的な食べ方についてですが、オクラに含まれるペクチンは加熱してもはたらきが損なわれるわけではありません

 

また、水溶性食物繊維というと水に溶け出してしまうイメージがあると思いますが、下処理として丸のままさっと湯通しするくらいでしたら気にするほどの減少は無いと考えて良いでしょう。

 

 

便秘の解消という点で考えると、納豆や山芋と一緒に頂くのがおすすめです。

 

こちらは『三練り』という料理名だそうです!

 

山芋のネバネバはオクラと同様食物繊維分が豊富で、山芋自体も不溶性・水溶性食物繊維をバランス良く含む便秘解消には理想的な食材です。

 

加えて、山芋にはアミラーゼなどの消化酵素が豊富で、消化・吸収を助けるまさに胃腸に優しい食材というわけです。

 

また、納豆に含まれる納豆菌は腸内の乳酸菌をはじめとした善玉菌の繁殖を助ける働きがあるため、腸内環境の改善に大きく寄与します。

 

作る手間もそれほどかからない上、夏場の食欲が落ちる時期にもスルスルと食べられるという利点もあるので、ぜひともおすすめしたい組み合わせですね!

 

 

あとは茹でてサラダにトッピングしたり、お味噌汁に入れてみたり色々工夫して食べてみてください。

 

オクラはコリッとした楽しい食感があり味のクセも少なく、さまざまな料理に合わせられるのも魅力ですね。

 

 

 

 

以上、オクラの便秘に対する効果や食べ方についてでした。

 

水溶性・不溶性の両方のはたらきを持つ食物繊維ペクチンと豊富なマグネシウム、そして何より調理が簡単で何にでも合わせやすい食材としての性質は、継続的な取り組みが不可欠な便秘体質改善にぴったりの食材であると言っていいのではないでしょうか。

 

好みが分かれる部分ではありますが、「三練り」のように組み合わせて食べるのも便秘解消を始めとした健康効果が高いので、是非、試してみていただければと思います。

 


【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘




関連ページ

プルーンで便秘解消!プルーンのペクチンの整腸作業が効く!
プルーンの便通効果はペクチンという水溶性食物繊維が配合しているからです。TPPで今後安くなる可能性がが高いプルーンで便秘解消!
便秘に効果的な「さつまいも」の不溶性食物繊維とヤラピンで便秘撃退!
便秘対策で有名なさつまいも。なぜさつまいもを取ると便秘が治るのというと食物繊維たっぷり含まれていることと、便秘対策が期待できるヤラピンが効果的なのです!
便秘に効果的な「ごぼう」の成分イヌリンとオリゴ糖で便秘改善!
ごぼうの便秘解消の理由と効果についてごぼうの便秘に効果的な働きや食べ方を紹介
便秘に効果的な「こんにゃく」の水溶性食物繊維(グルコマンナン)を知ろう!
こんにゃくに含まれるグルコマンナンがすごい便秘解消効果を発揮!硬い便を軟らかくしてくれます。
便秘に効果的な「大麦」の水溶性食物繊維のβ−グルカンと不溶性食物繊維について
不溶性食物繊維の抱負なおオム語を効果的に取って便秘解消や血糖値を下げよう!有効成分はβーグルカンです。
玄米は食物繊維・ミネラル・ビタミンが豊富なので便秘に効く!
玄米の便秘解消の理由と効果について玄米の便秘に効果的な働きや食べ方を紹介
雑穀米で便秘解消!食物繊維が多い雑穀の食べ方について
健康食として注目されている雑穀米。 その栄養素や取り入れ方の注意点をまとめました。
便秘に効果的な「きのこ」の食物繊維とキノコの種類について!
便通効果抜群のきのこの食物繊維を効率的に取るためのきのこ種類と料理の仕方について

薬剤師たからの無料セミナー開催中!