【マグミット錠の副作用】下痢・腹痛・おならの薬剤師解説

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

マグミット錠を薬剤師が解説します。

マグミット錠便秘薬副作用

 

薬剤師タカラアイコン

 

このページは便秘薬で有名な「マグミット錠」の飲み方や飲む量、副作用や飲む際の注意点などについて解説していきます。

 

また、マグミット錠を飲みつつ一緒に行うと便秘解消により効果的な方法もお伝えします。

 

辛い便秘が少しでも楽になれば幸いです。


 

 

おならの量やにおいに悩む方必見!薬剤師が教えるおならの原因と対策についてはこちら

おならが多い・止まらない・においの対策とは?

 

 

マグミット錠の副作用

マグミット錠は基本的に安全な便秘薬で、重大な副作用はほとんどなく安心して飲むことができるお薬です。

 

マグミット錠の薬効成分である酸化マグネシウムはほとんど血中に吸収されることがないため、全身作用での副作用は少なく、多くが胃腸への影響が考えられます。

 

マグミット錠の副作用『下痢・腹痛』

マグミット副作用下痢腹痛

マグミット錠の効果でもすでに書きましたが、腸管の水分量が増える効果のある薬なので効果が出すぎることで下痢になります。

 

また、下痢に伴い腸が大きく動くことによる腹痛も考えられます。

 

  • 下痢
  • 腹痛

 

上記二点がマグミット錠の主な副作用です。

 

上記の副作用でひどくない場合は、マグミット錠の量を減らすか一度お薬をお休みして様子をみるという対処法が多いですね。

 

とはいえ、飲んでいて不安になる場合や、異常な下痢、腹痛がある場合はすぐに処方医、調剤した薬剤師に問い合わせをしましょう。

 

 

▲ページメニューにもどる

マグミット錠の口コミまとめ

 

酸化マグネシウム系の便秘薬のマグミットの利用者の口コミを集めました。

 

妊婦の便秘にもよく利用される安全性の高いマグミット錠。

 

薬剤師の解説付きでユーザーの声を見ることができます。

 

処方箋がないともらうことができない薬ですので、マグミットが欲しい場合はお近くの内科や胃腸科、消化器科などの受診をし、ドクターに相談してみましょう。


 

 

▲ページメニューにもどる

【薬剤師アドバイス】マグミットで下痢、腹痛の方へ

 

 

普段はそこまでひどい便秘ではないですが、生理前になると調子が悪くなりやすいです。

 

今回は生理中や終わった後も便秘の調子が良くならず、数日間出なかったのでお腹がすごく苦しくなり病院に行きました。

 

その時に出たのがマグミット錠でした。

 

夜に330mgを4錠ということで飲んでみました。

 

明け方の3時に悪夢を見ながら腹痛があり、起きトイレに駆け込みました。

 

そこからは30分くらいトイレにいたと思うのですが、下痢状の便が出てすごく気分も悪くなりました。

 

お腹の痛みもあり、あまりスッキリもしませんが、夜中でしたし翌日仕事だったので寝なくてはと思い、切りのいいところでトイレを後にし布団に入りました。

 

すごく体力を消耗した感じでした。

 

眠りについて翌朝は問題なく起き、朝食を食べて仕事に行きました。

 

朝の排便はありません。

 

すると11時くらいに外回りをしていたところ突然お腹が痛いくなり、上司と一緒にいたのですが我慢できずコンビニのトイレによりました。

 

仕事に支障があるし、恥ずかしいし、腹痛が突然起こるのはとても困るのですが、マグミットはそういう薬なのでしょうか?

 

 

 

マグミットの排便時間がまちまちでお困りになっている状況ですね。

 

たしかにマグミットの薬効は便の水分量を多くし、排便を助けるお薬です。

 

ですので、一定時間に効果を発揮するというよりは腸の中の状態によっては効果が早く出すぎてしまったり、時間が遅く効果があったりと効果時間に個体差が出やすいと思います。

 

対策とすると、夜一回の薬の量を減らすか一日三回1錠ずつなどに一回量を減らすなどの対策が考えられます。(処方医に飲み方の相談をしましょう。)

 

また、少量だけマグミットを飲みながら便秘薬以外の食物繊維、乳酸菌などの対策を合わせて薬をできるだけ減らすという方法も考えられます。

 

最後はマグミットなしでも自然に便意が出るようになってお通じにつながるとベストですので、毎朝の排便習慣から始め、食事運動療法と行ってみましょう。

 


 

 

▲ページメニューにもどる

【薬剤師アドバイス】マグミットが効かない方へ

 

 

内科で便秘の相談をしたところ、最初プルゼニドという薬が処方されて飲むことになりました。

 

普段から調子が悪くて、市販の便秘薬は良く使っていましたがこれではダメかと思って病院に行きました。

 

プルゼニドを夜に飲んでみると、夜中に腹痛がおこってしまい明け方の4時くらいにトイレにこもりそこから一時間くらい辛い思いをしました。

 

あまりにも効きすぎたので怖くて飲めなくなり後日医師に告げたところマグミット錠330mgという白い錠剤を処方されました。

 

調節してもいいと言われたのですが、一日三回毎食後 一回二錠で処方されたものを飲んでいます。

 

飲んで一日たってもまったく効果がなく、翌日になっても効かないです。

 

お腹がモヤモヤ気持ち悪いのとたまに出るおならが強烈なにおいで仕事でまちがっておならがでてしまわないかひやひやするような状況です。

 

マグミットは私はあわないのでしょうか?

 

食事はできる限りサラダなどの野菜を食べるようにしています。 人よりは気にして食事をしているつもりです。

 

 

マグミットを飲んで2日目ということで効果がでなくて悩んでいる状況ですね。

 

マグミットは人によっては効果が出るのがすこし遅い場合があります。

 

無理に腸を刺激する薬ではないので、朝にお腹が痛くなって出る薬ではありません。

 

おそらく以前、刺激系の便秘薬を良く飲んでいたイメージから、マグミットが効かないと思っているのではないでしょうか?

 

たしかにコーラックやタケダ漢方便秘薬のような薬よりは効果がマイルドなので効き目があまり感じにくいかもしれませんが、もうすこし続けて飲んでみましょう。

 

また、腸の動き自体が弱い可能性があります。

 

腸の動きを良くするには、毎日の食習慣、排便習慣と運動が重要です。

 

サラダなどの不溶性食物繊維を良く摂ってらっしゃるということで、ここはとても良いことです。

 

水溶性食物繊維をとっていますか? ネバネバした野菜や海藻などに多く含まれる繊維です。

 

これらは便を軟らかくし、排便をさらにしやすくするような食物繊維なのでサラダにも海藻をのせるなど工夫をしてみましょう。

 

もうひとつは「発酵食品」も食べていますか?

 

ヨーグルトやチーズ、納豆、漬物のような乳酸菌商品です。

 

これらの食材は善玉菌を多くしてくれますので毎日たくさん食べておきたい食事です。

 

もし量が少ないようで食事から毎日取るのが難しい場合は乳酸菌サプリの使用なども考えてみましょう!


 

 

▲ページメニューにもどる

マグミット錠を飲んで効き目を実感できた人の体験談

自然に便を出してくれる感じ

 

  • M.K.さん
  • 40代女性
  • 使用薬:マグミット錠200mg

 

私は便秘がちで、凄く酷いとまではいきませんが、週に数度くらいしかなく、お腹が張って苦しくなり悩んでいました。

 

それでも便秘薬には頼りたくなかったのですが、1週間経っても、10日経っても便意がなく、お腹がポッコリになり、食欲が無くなってきたため、仕方なく病院の内科を受診することに決めました。

 

そこで処方された薬がマグミット錠 200mgです。

 

 

この薬は効き目が穏やかで、便を緩くする作用があるだけの軽い便秘薬なので、お腹の痛みや苦痛、下痢はしないから安心と医師に言われました。

 

そのため、まずは軽い200mgから始めて様子を見ようということになりマグミット錠を飲むことになりました。

 

 

マグミットは錠剤になっているので持ちやすく、飲みやすい薬です。

 

飲み方は、いつでもいいとの説明でしたが、私は寝る前にまず1錠から飲んでみました。

 

それで効き目がなければ、飲む量を増やしたり、1日2度飲んでみようと思っていたのですが、私の場合、最初の1錠を飲んだだけで、翌日の朝食後に早速便意を感じました

 

ちょっとしたお腹の痛みはありましたが、今まで飲んだ市販の便秘薬に比べると、痛みははるかに軽く、便も簡単にスッと出ました。

 

その後もトイレに行く度に少しづつ緩めの便が数回出て、お腹の張りも無くなり、とても楽になりました。

 

 

マグミット錠 200mgは辛い便秘薬ではなく、本当に自然に便を出してくれるといった感じです。

 

それ以来、便秘になるとマグミット錠を飲んでいますが、効き目が低下することなく、楽に便秘解消をすることができています。

 

 

刺激性の便秘薬で激しい下痢や腹痛の副作用を経験された方で、下剤に対するネガティブなイメージを持たれる方が少なくありません。

 

普段はお通じの調子が良くても、女性は男性と比べ生理周期でお通じに悩まされるなど、便秘になりやすい環境です。

 

そんな方には優しく効果のあるマグミットが非常におすすめです。

 

病院に行かないとマグミットを処方してもらえないので、もし市販で購入したい場合は酸化マグネシウムE便秘薬3Aマグネシアなどをご検討ください。

 

体に負担のない感じが良い

 

  • K.O.さん
  • 40代女性
  • 使用薬:マグミット錠200mg

 

腹腔鏡手術をした時に、お腹に力が入れられなくなり、病院で処方してもらいました。

 

元々は便秘症ではなくたまに出ない日があるくらいでした。

 

決まった時間にお通じがありました。

 

そんな状態でしたが術後はお通じがない日が2日ほど続きました

 

やはり1日でもお通じがないとお腹がぷっくりふくれ、不快でした。

 

今まで便秘薬を飲んだことがなくお腹が痛くなるのが心配でしたが、あんな小さい一粒を服用するだけで5時間後くらいにはすっきりしました

 

心配なので入院中は飲むようにと処方してもらいましたが、効きすぎたのかくだすようになってしまい、3日間ほどで服用を中止しました。

 

それからは薬がなくても今まで通りになりました。

 

 

使用期間は3日ほどです。

 

夕食後に一粒服用していました。

 

元々は服用していないせいか、効きすぎたようにおもいました。

 

だんだんお腹がくだるようになり、飲み続けていいのかと不安になり相談後、医師の指示で服用を中止しました。

 

とても小さい粒で飲みにくいということは全然なかったです。

 

飲み込んだのがわからないくらいでした。

 

お水を飲めば味もせず飲みやすかったです。

 

便秘薬というとお腹が痛くなるというイメージでしたが、服用して少ししてから、トイレに行きたくなりお通じがあるという感じだったので、効果もとても出やすく、体に負担がない薬だと思います。

 

 

術後は切開した場所の痛みや手術した患部の痛みなどで、便意があってもいきむのに抵抗がある方が少なくありません。

 

コメントにもありましたがマグラックスは腹痛等の副作用が出づらい便秘薬なので、安心して飲むことができますね。

 

普段便秘症でない方の急な不調には、マグラックスなどの酸化マグネシウム製剤はよいお薬だと思います。

 

年齢を重ねると筋力が衰え、お通じの状態が悪化する方もいますので、普段からの運動を取り入れていただき、毎日スッキリな状態をキープしてください。

 

夏場になりがちな下痢も改善?

 

  • F.S.さん
  • 20代男性
  • 使用薬:マグミット錠200mg

 

引っ越して多忙な時期があり、その頃食生活にあまり気を付け無かったからなのか、以前は毎日快便だったのに3日程しないと出ないような状況に。

 

少し心配になりそれから野菜等食物繊維の多い物オリゴ糖の入った食品を取っていましたが急に良くなる訳では無く、これ以上悪化したら私生活に影響が出てしまうと不安になり自宅近くにある病院の胃腸科で診察を受けました。

 

そこで、マグミット錠を処方すると言われ、病院付近の薬局で手に入れました。

 

医師からは症状が比較的軽いと言う事で200mgの物を処方して頂いて、効果が弱い場合は次回の診察で数値の高いものに変えると言われました。

 

 

1か月ほど使用し1日8錠程飲み朝昼夜と3回に分けて飲みました。

 

形状は錠剤でしたのでどこでも持ち運べましたので外出先でも手軽に飲めました。

 

味は特に何も感じない通常の錠剤であり副作用は吐き気や嘔吐などがあると書いてありましたがその様な症状は出ませんでしたが、夏場に行ったからなのか口渇などが表れやすかったように思いました。

 

効果は1週間ほどで表れてきて2週間程するとほぼ毎日快便になっていったので効果があったようです。

 

元々胃薬と言う事もあり夏場でありがちな下痢などもその時期は全く起きなかったので便秘以外にも効果があって良かったです。

 

 

マグミットは刺激性の便秘薬と比べると優しいお薬のため、効果が出るのにすこし時間がかかることがあります

 

コメントをしていただいた方も一週間程度のお時間がかかっていますが、その後も調子は良いようなので排便習慣がつくまで続けるとよいでしょう。

 

 

マグミットは少量で飲むと制酸剤として胃の保護をしてくれる作用もありますので、胃腸の調子も良くなります。

 

オリゴ糖食物繊維も継続していただき、腸内環境を整える食生活でいずれマグミットも飲まずに毎日排泄できるような環境を整えていきましょう。

 

 

▲ページメニューにもどる

マグミット錠が合わないと感じた人の体験談

苦くて口に引っ付きやすく大嫌い

 

  • I.T.さん
  • 20代女性
  • 使用薬:マグミット錠330mg

 

私は妊娠してから1週間お通じが来ないほどの便秘になりました。

 

妊娠していなかった時から便秘気味だったみたいですが、全然気にならなくて、産婦人科の先生にぽろっと相談してみると、1週間でないのは異常だよと言われて、マグミットを処方してもらうことになりました。

 

 

便秘でも全然痛くもなんともなくて、ただ便が出ないだけだったのですが、だんだん切れ痔みたいになって、便を出すのがすごく痛くなってくるようになっていました。

 

一応消化に良さそうなものや食物繊維の入ったものを取るようにしていましたが、それでも全然出なかったです。

 

 

言われたのは3日以上溜め込んだ時には飲みなさいということだったので、ひとまず初めの2週間ほどは全然便が出なかったら飲むようにしていました。

 

それこそ3日に1回飲むようなペースです。

 

初めて飲んだ時から思っている感想ですが、とても飲みにくいです。

 

粒が大きめで、かつ口の中に引っ付きやすく、お茶で溶けやすくて苦くなって本当に嫌いな薬の一つになりました。

 

飲む量は自分で調節しながらということでしたので、ひとまず2錠飲んで見ましたが、2錠くらいが私にはちょうど良かったです。

 

実際に薬を飲んで、かついつもより水分をしっかりとることを意識すると、翌日にはちゃんと出ました

 

保管はそんなに苦痛でもなく、2錠で良かったので持ち運びも苦ではありませんでした。

 

 

マグミットが飲みづらいというコメントですが、おそらく口の中で溶けるまで入れ続けてしまい、錠剤が崩壊してしまったのち飲み下したのが原因だと考えられます。

 

この対策としては、錠剤と水を口に含んだらすぐに飲みこむようにするとこのような飲みづらい現象は起こりづらくなります。

 

マグミットはとても水で崩壊しやすいつくりの薬ですので、それを意識して、薬の飲み方の変更をしてみましょう。

 

使わないよりはマシかな?程度

 

  • R.H.さん
  • 30代女性
  • 使用薬:マグミット錠330mg

 

マグミット錠を使ってた当時は、私は妊娠していていました。

 

安定期の時から便秘が酷くなりました。

 

妊娠する前も一日置きでしか便は出なかったのですが、この頃は最低でも3日は出ず、長くても1週間以上は出なかった事もありました。

 

便を出す際もかなりいきまないと出す事は出来ず、出ても硬いポロっとした便でした。

 

なので常にお腹が張っていて苦しかったです。

 

その事を産婦人科の先生に相談をしてみました。

 

下剤は妊娠中なのであまりお勧め出来ないと言われ、代わりにマグミット錠がいいのではないかとお話しがあり、納得をした上でマグミット錠を処方されました。

 

 

マグミット錠は食前または食後(どちらでもいいと薬剤師さんに言われました)に朝・昼・夜で各2錠づつ(合計6錠)を飲むというお話があったので、私は食前に飲んでいました

 

そんなに大きい錠剤ではないので特別飲みにくいという事はなかったです。

 

薬お味も無味でした。

 

実際使ってみると、使わないよりは便は出ますが、スルスル便が出るという事はなくやはり固めな便でした。

 

1日置きで始めは出ていましたが、調子がよくないと3日目でやっと出たという時もありました。

 

使用期間は、妊娠中期から臨月までの5ヶ月近く飲みました。

 

飲んだ感想としては私の場合は、使わないよりはマシかなという程度でした。

 

 

妊娠中の便秘はかなり多くの方が経験することです。

 

体験者さんは普段からの便秘もありマグミットであまり効果が期待できなかったというコメントですが、このような場合は薬の錠数の変更や、他の便秘薬への切り替えも考えることができます。

 

かかりつけの産婦人科医に相談するとよいでしょう。

 

産後も便秘になりやすい状況が続きますので、母体の健康を保つためにもお通じの状況やお食事のバランスを整えてくださいね。

 

便が緩くなるのが嫌

 

  • T.K.さん
  • 30代女性
  • 使用薬:マグミット錠200mg

 

もともと便秘がちで、毎日ヨーグルトを食べているが、3〜4日排便がないことは自分にとってはよくあることだった。

 

そのうえ数日ぶりに便が出たとしても硬便だった。

 

マグミット処方前はずっとプルゼニドを使っていたが、プルゼニドがなくなったので、通院中の病院で下剤を処方してもらおうと頼んだら、医師から便の状態について聞かれ、正直に便の状態について答えたら、医師が「今回は便に水分を含ませる薬を出す」と言ってマグミットを処方された。

 

今までいろんな医師に下剤を処方されたが、その医師のもとで初めてマグミットを処方してもらった。

 

今までその医師に下剤を処方されたことがなく、マグミットの処方が初めての処方だった。

 

 

まず1週間飲んでみた。

 

食後に1錠飲むかたちだった。

 

錠剤だったので、粉薬が苦手な自分としては飲みやすかった。

 

錠剤の大きさも適切だった。

 

「便に水分を含ませる薬」というだけあって、便が柔らかくなるとともに、毎日排便があるのは良かったが、水分が含まれ過ぎて、便が緩くなってしまった

 

自分としては便が出れば良いと思っていて、便の緩さは求めていなかったので、マグミットは合わないなと感じた。

 

薬は2週間分処方されたが、2週間きっちりと服薬して、その次の診察では今まで飲んでいたプルゼニドに戻してほしいとお願いして、プルゼニドを処方してもらった。

 

 

プルゼニドは腸を刺激する薬なので、お通じのすっきりする感覚は強いですよね。

 

辛い便秘でプルゼニドを使うのは非常に良い対策なのですが、慢性便秘の方が刺激物を腸内に毎回入れることはあまりおすすめできません

 

できることなら腸に刺激が少ない薬を使用すべきです。

 

 

刺激のない下剤の選択となると酸化マグネシウム系の便秘薬なので、マグミットをはじめとした塩類下剤という薬がおすすめです。

 

それ以外には整腸剤で腸を整えるという選択肢もあります。

 

 

コメントをいただいた方ももともと便秘がちということでしたので、マグミットを服用しながら量を調整して、下痢や軟便にならないように調節しながら利用することをおすすめします。

 

それに合わせて食物繊維発酵食品を食事として毎日とりいれ、運動をして自力で排泄できる体質になるとより良いですね。

 

便秘体質の改善は地味な対策が多いので続けづらいのですが、頑張って薬なしですっきりできる体質になることをおすすめします。

 

 

▲ページメニューにもどる

その他の口コミ

50歳 女性 主婦

 

マグミットをもらった場所は病院

 

マグミットを飲んだ感想は錠剤なので飲みやすいです。
口に含んだ瞬間に、少しラムネのように溶けるような感覚がありますが飲み込みにくいほどではなく味もありません。

 

マグミットの口コミ

 

強い下剤と異なり、腹痛に襲われることなく自然に排便することができました。効果は服用後、半日から1日経過してからでした。

 

便秘をしていたため、最初排便困難感がありましたがそのあとはスルっと出ました。便秘をしていた期間が長ければ少し残便感が残ることもありますが、薬を飲み続けていると規則的に排便ができるようになるので2〜3日後にはすっきりでした。

 

副作用は今のところ思い当りません。

 

私は下剤を飲んだ後の下痢と腹痛が怖くて服用後は外出できなかったんですが、マグミットは自然に催し排便できるのでとても助かっています。一度排便のリズムがずれてしまうとなかなか戻りにくいです。

 

仕事をしているため日中ゆっくりトイレに座る時間もないので、朝バタバタしてトイレに座れなかったらそのまま便秘コースへ突入してしまうこともしばしば。
一度便秘コースへ突入してしまうと脱出するのに一苦労です。おなかの膨張感、胸焼け、肌荒れ。

 

そして何よりも排便を催しているようにお腹がすごく痛いのに、トイレに座ってもでない!痛みだけが続く。
この冷や汗が止まらない辛さといったら、、、。  

 

子供のころのように毎日決まった時間にトイレに座ればすっきりできる。そんな日に戻りたいです。

35歳 女性 無職

 

マグミットをもらった場所は病院処方、処方箋受付の薬局

 

マグミットを飲んだ感想は味なし、粒は大きいが溶けやすく飲みやすかった

 

マグミットの口コミ

 

初めてこの薬(マグミット)を服薬した翌日には便通がありました。
基本的に朝食後の服薬の処方のため、たいていの排便時間は夜くらいが多いですが、腸の活動が良い日は昼〜夕方には効果があらわれる日もありました。

 

当初はマグミット500mgを服薬していましたが、次第に便がやわらかくなり下痢気味になっていきました。
しかし服薬をやめると便秘に戻ってしまうためマグミット330mgと弱くしていきました。

 

弱くしても宿便が出てしまうと下痢気味になってしまうので、現在は日をおいて服薬するようにして調節しています。
下痢による腹痛がたまにありますが、便秘が続く時の腹痛がよりつらいので結局マグミットにたよってしまいます。
薬剤に頼らずに便通があるようになりたいのがいまの望みです。

34歳 女性 主婦

 

マグミットをもらった場所は調剤薬局

 

マグミットを飲んだ感想は味は無いですが、ラムネの様な食感で 溶けますが 水なしだと 口の中がかなり渇く

 

マグミットの口コミ

 

マグミット錠は1日3回2錠ずつを服用しました。
私は慢性の便秘症のため その時の便秘具合により2錠から3錠に調節して服用します。

 

マグミットは 便を柔らかくして 出しやすくするそうで、急激な腹痛に苦しむことは ないように感じます。割と緩やかな便通がきます。

 

残便感は慢性の便秘なので少しありますが一回一回の排便はかなりスッキリします。
1日3回マグミットを服用して 次の日の朝便意が起こるような気がしています。

 

便が柔らかくなったからか量もしっかり排便できます。
常用性もそんなに起こらないと思いますかなり慢性化しているために 酷い時は2週間出ない事もあります。

 

そんな時は お腹がかなり張り吐き気があり 嫌な腹痛に悩まされます。
一度便秘が酷すぎて腹痛により倒れてしまった程ひどい私ですが、マグミット錠の服用で今のところ便秘は落ち着いています。

31歳 女性 主婦

 

マグミットをもらった場所は病院(産婦人科)

 

マグミットを飲んだ感想は味はなし。粒が大きめで、口中の水分を吸って溶け出すことがあり、飲みにくいと感じることもある

 

マグミットの口コミ

 

初めて飲んだ時(非妊娠時:マグミット錠2錠)は、服用後まもなく少し腹痛が起こって出ました。便の状態は普通でした。残便感は特に感じませんでした。
妊娠時、何日も出なかったときは、毎食後1〜2錠を3〜4日飲んだ頃にようやく出ました。

 

便の状態は、全体的にそこそこやわらかくなっていた場合、かなり緩くなった場合、緩い部分と硬いままの部分があった場合と様々でした。残便感はあまりなかったです。
いずれも副作用はありませんでした。

 

もともと数日おきに出るのが普通の状態で、それほど固いと思っていなくても、お尻が切れてしまうのがしょっちゅうです。
妊娠時は特に水分が取られてしまうのか、異常に固くなり、力むのは怖いけれどかなり力まないと出ないこともありました。

29歳 男性 自営業

 

マグミットをもらった場所は薬局

 

マグミットを飲んだ感想は味はなく飲みやすい

 

マグミットの口コミ

 

就寝前に飲むように薬局で言われたのですが、起床したあとまたそのあと朝食をとった後になっても、以前とほとんど変わらずあまり便通がなくいつもとあまり変わらない気がしました。

 

はっきりいって効いてるのかわからないくらいでした。

 

しかしいつもより朝から昼くらいには便が出る気がするので便通はよくなったと思います。

 

便もすべてできってる感じがしなくて私にはこの薬は弱いのではないかなぁと思いました。
あと副作用のようなものはなかったのでそこはよかったです。

 

今の悩みは便秘をするといざ出るときに長い時間トイレにいなければいけないことです。
すんなりと出るとうれしい。

28歳 女性 主婦

 

マグミット錠をもらった場所は調剤薬局

 

マグミット錠を飲んだ感想は味も飲みやすさも普通でした

 

マグミットの口コミ

 

主に妊娠中と子育て中に飲んでました。飲んで2時間位したら、便が細かったのですが少し出ました。残便はありました。

 

続けて毎日飲み数日経つと快便になりました。
残便は無くなりスッキリしました。

 

子育て中は、飲み始めはしばらくすると出るけど硬く、残便もあり切れ痔にもなってました。
数日飲むと快便でスッキリしてました。
残便は無かったです。

 

どちらも副作用はありませんでした。
授乳中にも影響は無いので子供はいたって普通なので良かったです。

 

いまの悩みは便が硬くて切れ痔になりやすいことです。

41歳 女性 会社員

 

マグミット錠をもらった場所は病院

 

マグミット錠を飲んだ感想は錠剤なので、味もなく楽に飲めます。

 

マグミットの口コミ

 

飲んで2〜3日後に効果が出ました。最初は腸に溜まってるのが一気に出るのでお腹を下した状態になり、ある程度出し切り落ち着いたら普通の便になります。

 

市販薬と違いマグミット錠び良いとこは飲んでもお腹が痛くならなくスムーズに排出する事が出来ます。

 

食事の量にもよりますが飲み続けてる限り普通に出るので下腹の突っ張り感もなく、残便感もありません。
副作用としてはカルシウムの吸収率が高いですが余程沢山のカルシウム系を取らない限り、普段の食事でならほぼ大丈夫なのだとか。

 

マグミット錠を止めた時があったのですが、また元の腸に戻り便秘になりました。
便秘の時はズボンがきつかったり、急に腹痛でお腹を下したりと大変でした。
特に自宅以外で腹痛になる時が多く、トイレもないところで困る事が多々ありました。

 

便通の安定が私の望みですが、なかなか難しいです。

49歳 男性 会社員

 

マグミット錠330mgをもらった場所は薬局

 

マグミット錠330mgを飲んだ感想は味はありません。口に入れるとすぐに解けます。

 

マグミットの口コミ

 

お腹の便を軟らかくするのが、主な目的でいつも夜のんでいて、副作用はありません。

 

マグミット錠330mgを飲むとわたしの場合、便の状態としては柔らかめの便です。それでも、お腹のなかにある便が出ることによって、かなり気分が楽になります。

 

ただ、なんとなくですが、残便感が残っているような感じがします。
それでも出たあとは、お腹もすっきりし体が軽くなったような気がします。

 

あまり、薬に頼るのは良くないのかもしれませんが、今の所はマグミット錠330mgでお通じをよくしています。
飲まないと便が硬くて困っています。
だいたい、薬を併用して、2日に1回のペースで出るので、出ないよりは、ましなのでどうしても薬に頼ってしまいます。

 

 

▲ページメニューにもどる

副作用『高マグネシウム血症』に注意が必要な人

マグミット錠を服用して高マグネシウム血症になる方は稀で、あまり多くはない副作用ですが確実にないとはいえないのでこちらに記載をします。

 

マグミット錠の成分である酸化マグネシウムは、ほとんど血中に入ることがないのですが、微量に体内に入ったマグネシウムは腎臓で排泄されます。

 

腎機能が非常に弱っている状態の高齢者などには注意が必要です。

 

厚生労働省による平成17年からの調査で、酸化マグネシウム製剤服用中のおおよそ4500万人の方の中で、高マグネシウム血症と診断された例が15件あり、酸化マグネシウム製剤と高マグネシウム血症の因果関係が否定できないとして情報を発表しています。

 

その15例の中で死亡したのが2例です。

 

80代の認知症を患った女性が高マグネシウム血症になり、激しい下痢を起こし、その後救急搬送されたがショック状態になり呼吸停止し死亡。

 

90代の女性で、酸化マグネシウムを処方され服用。 食欲不振になり活気がなく、しゃべることが困難になり、意識レベルの低下。その後透析を行い回復。

 

このように高齢者の酸化マグネシウム製剤の利用には十分に注意が必要です。

 

マグミット錠を飲んでいて、疲れやだるさがひどく、力が入らないなどの筋力の低下、立ち上がる時にふらつくなどの異常がある場合は、すぐに病院を受診し、血液検査でマグネシウム量を見てもらうとよいでしょう。

 

 

▲ページメニューにもどる

妊婦・妊娠中はマグミットを飲んでいい?

妊婦マグミット服用

妊娠中の便秘にも用いられる薬で、海外の妊娠・授乳婦と薬を評価する機関「Medications and Mothers Milk」でも最も安全であるとの評価を受けている薬です。

 

妊婦の使用に関しては、かかりつけの医師の指示に従い服用をしてください。

 

妊娠前にもらったことのあるマグミット錠が自宅にある場合、自己判断では使用せず担当医の承諾を得てから使用しましょう。

 

妊婦への投与について製薬メーカーからの回答は、マグミット錠を含む多くの薬は妊娠中に飲んで問題がないか実験をしていないためわからないというものでした。

 

倫理上妊婦への臨床試験などはできないので、このような回答になるのは仕方ありませんね。

 

心配な時は調剤薬局の薬剤師に相談してほしいのですが、調剤薬局に相談すると一度病院に問い合わせをし、確認してから折り返すというケースになることが多いでしょう。

 

このようなことを考えると、直接病院に問い合わせた方が早いので、急ぎの際は病院に連絡するのが良いでしょう。

 

調剤薬局の薬剤師の方が相談しやすい場合は、もちろん問い合わせしても大丈夫です!

 

その際、調剤していない薬局に相談しても正しい回答ができませんので、薬をもらった薬局に問い合わせるようにしましょう。

 

ネットで調べる場合は国立成育医療研究センター
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/index.html
上記のような妊娠・授乳中の薬の服用に関しての相談を専門的に受け付けている公的機関で相談するのが最も有効です。

 

または添付文書を確認するのも良いでしょう。

マグミット錠の添付文書PDF

 

 

▲ページメニューにもどる

授乳中はマグミットを飲んでいい?

マグミット錠の成分である酸化マグネシウムは、乳汁移行・母乳移行の危険性が低く、授乳中にも安心して飲める薬として知られています。

 

医療用の薬ですので、当然ですが医師の指示に従ってご自身に処方された薬を服用していただきたいです。

 

妊娠前に飲んでいたマグミット錠の使用については、医師に相談しましょう。

 

薬の服用に抵抗がある場合は、善玉菌を増やす健康食品を使用するのも良いでしょう。

妊婦の便秘対策には「オリゴ糖」がおすすめです。

薬を使わず便秘を改善するのにお役立てください。

 

 

▲ページメニューにもどる

当ページよりいただいたマグミットに関する質問への回答

家にマグミット錠330mgがあります。

13歳の息子の便秘が酷いのですが1錠飲ませても大丈夫でしょうか?

お問い合わせありがとうございます。

 

マグミット錠に関して

 

マグミット錠は息子さん以外の方への処方薬という認識で考えると、目的とした人物がずれるため飲むことをおすすめすることができません。

 

他の方の薬を飲み健康被害が発生しても、処方医、保険薬剤師が責任をとることができません。

 

そして、私も同じように軽はずみに飲んで良いということが言えないのもこの理由からです。

 

 

という建前の問題は一度置いておいて、マグミット錠330mg(酸化マグネシウム系の便秘薬)が小児などに飲ませる事例はあるのかについての情報をご紹介します。

 

例えばこちらの小児科では↓
http://senoopc.jp/drug/gezai.html

 

小児に対して酸化マグネシウム系の便秘薬の処方する際は体重換算をして処方箋を出していることがわかります。

 

現在の患者さんの体重や状況に合わせての処方はあり得ますが、13歳のお子さんがどの程度の量を飲んでいいのかは医師の判断が必要です。

 

ちなみに成人であれば1日2g(2000mg)が上限量なので、マグミット錠330mgで言うと1日6錠を成人は飲むことができます。(患者さんの状況に応じ、医師の判断で量が決定します。)

 

質問への回答になっていないと思いますが、責任等が発生するため飲んで良いかどうかの判断はしかねるという回答です。

 

こんな回答ですみません。

 

薬を使わず対応するのであれば、当サイトの「薬剤師の教える便秘解消6ステップ」を行ってみることをおすすめします。
https://benpi-project.jp/Cure-oneself/6step/

 

特にSTEPAの腸内フローラジュースはおすすめです。

 

ご利用ありがとうございました。

 

 

▲ページメニューにもどる

【基礎知識】マグミット錠の種類

マグミット錠種類

マグミット錠には200mg・250mg・330mg・500mgと4種類の成分量があり、便秘の状態や、体質により1回に飲む量が異なります。

 

4種もありとてもややこしいので、飲む量は医師や薬剤師の指示通りに飲んでほしいのですが、自己調整を許可されている方は上限量には十分注意して服用してください。

 

それぞれの錠剤の上限量については以下で紹介します。

 

 

▲ページメニューにもどる

マグミット錠の飲む量・飲み方について

よくマグミット錠は何錠飲めばいいのか?とご質問をいただくことがありますので、それぞれの上限の量を表にして整理していきます。

成分量 1日3回の場合の上限量 1日1回の場合の上限量
マグミット錠 200mg 1回3錠 10錠まで
マグミット錠 250mg 1回2錠 調整可 8錠まで
マグミット錠 330mg 1回2錠 6錠まで
マグミット錠 500mg 1回1錠 調整可 4錠まで

 

どの成分量のマグミット錠でも便秘薬として飲む場合、上限量は2000mgです。

 

飲むタイミングは、食前か食後の1日3回に分けて服用するか、寝る前に1回で飲むという2種類の飲み方が多いですね。

 

マグミット錠を効果的に働かせるために、コップ一杯程度の多めの水で服用することをおすすめします。

 

その際、腸を冷やさないように白湯や常温以上のお水がよいでしょう。

 

 

▲ページメニューにもどる

マグミット錠の効果・効能について

 

マグミット錠は、酸化マグネシウム系の便の水分を保持させる便秘薬のグループです。

 

このグループの薬の効果は特徴的な働きが3つあります。

 

マグミット錠の効果

  • 便秘症
  • 胃酸の中和による制酸作用
  • 尿路シュウ酸カルシウム結石の予防

それでは上記の効能について解説していきます。

 

マグミット錠の『便秘症』の効果について

マグミット便秘症効果メカニズム

 

便を軟らかくする作用があるため『便秘症』に効果があります。

 

マグミットの成分である酸化マグネシウムが腸の中に入ると重炭酸塩になり腸内の浸透圧が高まります。

 

すると腸内への水分量が増ることで便に水分量が増え、うんち材料となる食べ物のカスなどが軟らかくなり、便を排泄しやすい形になります。

 

通常、大腸の働きで便の材料が大腸内を移動しながら体内に水分が吸収されます。

 

便の材料は小腸から大腸へ運ばれたところではお粥のドロドロとした状態です。

 

そこから、大腸内を上行結腸、横行結腸、下行結腸へとのの字に進み、便の形状は半固形、固形と姿を変え、肛門の直前のS状結腸、直腸へと運ばれます。

 

通常お通じの正常な方であれば、直腸に運ばれた便はバナナのような形で水分を十分保持しつつ固形の形も維持する、いわゆるスッキリとした良いうんちが生成され、便秘になることなく排泄されます。

 

ところが、便秘症の方は大腸の中での便の滞留時間が長いため、便の水分量が少なくなりカチカチ、コロコロの便が溜まり排泄されづらくなります。

 

硬い便で便が出しづらい方や、するりと便を出すことが難しい方にマグミット錠はとても効果的です。

 

便が硬いことにより、トイレの時間が長くなり、いきむ時間も増えると、お尻が切れて切れ痔やいぼ痔など発展することもあります。

 

便秘や痔の対策として、お通じの軟らかさはとても重要なことなので、上記のような症状に悩んでいる方は医師に相談し、マグミット錠などの酸化マグネシウム製剤を処方を考えてもらうとよいでしょう。

 

マグミット錠の特徴は排便能力には影響を与えないため、飲み続けても腸が慣れず、耐性が出ません。

 

一方で便秘薬の代表格である刺激系の便秘薬は続けて飲むと腸が刺激に慣れてしまうデメリットがあります。

 

マグミット錠などの塩類下剤の種類はこの慣れのリスクがないのが安心です。

 

同系統の錠剤の便秘薬である酸化マグネシウム錠「ヨシダ」(旧名:マグラックス錠)との違いはほぼなく、配合されている添加物が異なる程度で作用は同じです。

 

マグミット錠の『胃酸中和』の効果について

マグミット胃酸中和効果

マグミット錠の成分である酸化マグネシウムは胃の中に入ると、胃酸と反応し酸性度を下げる働きがあります。

 

胃酸は食べ物の消化を助け効率よく体内に栄養素を吸収できるよう分解する働きがありますが、胃酸が多すぎると食べ物以外の自分の組織も溶かしてしまうこともあり、しばしば胃炎や胃潰瘍、胃痛の原因となります。

 

マグミット錠は、この胃酸過多の状態の酸性度合いを中和する働きがあり、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の改善効果があります。

 

同系列薬の炭酸水素ナトリウムに比べると、マグミット錠は緩やかに制酸作用が現れ、長い時間効果があります。

 

マグミット錠の『尿路シュウ酸カルシウム結石』の予防について

尿路シュウ酸カルシウム結石は腎臓に結石という石のような物質ができ、腎臓から尿道へ移動すると激しい痛みが発症する「尿路結石」となります。

 

「尿路結石」は中年男性にできやすく、食生活が乱れ肉などの動物性たんぱく質を多く食べる方にできやすい特徴があります。

 

マグミット錠は肉などに含まれるシュウ酸を腸内で結合することで、体内に摂りこまれることを予防し、尿路結石の予防効果があります。

 

 

▲ページメニューにもどる

【1分でわかる】マグミット錠服用と同時に行う便秘解消法

薬剤師タカラアイコン

 

マグミット錠をご使用中の方に知ってほしい便秘解消法があります。

 

辛い便秘も薬なしで毎日スッキリできる日がくると気分が良いですよね。

 

私自身10年以上の辛い便秘経験がありました。

 

現在は適切な便秘対策を行ったため体質から改善でき、便秘になることはありません。

 

皆さんにも同じように薬なしで毎朝スッキリな体質になれるよう、最善の方法をご紹介します。

 

その方法は、マグミット錠と一緒に飲むとより効果を発揮しやすい便秘解消法です。

 

便秘の方の問題点は、腸の動きが悪いことです。

 

腸の動きを良くするには、腸内フローラのバランスを整えることが大切です。

 

腸内フローラバランス整える

 

腸内フローラが改善すると、善玉菌が増え腸の中が酸性になり、それが腸に程よい刺激となりよく動く状態となります。

 

腸内フローラの改善には、ヨーグルトや味噌、醤油、納豆などの発酵食品を毎日摂ると効果的です。

 

基本中の基本ですが、発酵食品を毎日摂るよう心がけてください。

 

また、水溶性食物繊維をたくさん摂ることで便の水分量が多くなり、お通じの流れも良くなります。

 

水溶性食物繊維が多く入っている食材は、海藻、きのこ、オクラなどのネバネバした食材です。

 

食事で改善する方はそれでいいのですが、慢性的な便秘に悩まされている方には「乳酸菌サプリ」もおすすめです。

 

乳酸菌サプリの中には「ビフィズス菌ロンガム種」という医療用としても用いられている便秘改善データが示されている商品があります。

 

医療用整腸剤の「ビフィズス菌ロンガム種」データ(※1)には成人の便秘に79.2%の改善効果があります。

 

その「ビフィズス菌ロンガム種」入りのサプリメントが、手軽に購入することができるようになりました。

 

食事の改善は基本ですが、なかなか食事や運動だけでは改善しない方はマグミット錠とともに乳酸菌サプリの使用を検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

こちらのページから、その乳酸菌サプリの詳細を見ることができます。

薬剤師がおすすめ!乳酸菌サプリ【マグミット錠と一緒の使用がおすすめです】

 

便秘体質から脱却するための方法としてお役立てください。


※1:ラックビーのデータより抜粋

 

 

▲ページメニューにもどる

マグミット錠に関するツイートまとめ

 


水分摂取量が少ないこと自体が、実は便秘の主要な原因の一つです。

 

腸内に水を引き寄せて便を柔らかくするマグミットは、水分不足の状態で飲んでも効果は薄いので、多めの水で飲むこと。

 

それに加えて、こまめな水分補給を意識したいですね。

 


マグミットそのものにおならの量を増やしたり臭くさせたりする作用があるとは考えづらいですが、固くなって留まっていた便が動きやすくなることで、溜まっていたガスが出やすくなることが考えられます。

 

お腹が張り気味の方やしばらく便通が無い方は、マグミットを飲んだ時に少し注意しておきたいですね。

 


マグミットは水にとても溶けやすく、口の中に入れるとほどなく錠剤が崩壊しはじめるお薬で、「飲みづらい!」という声を多く耳にします。

 

予め水を少し口に含んでおいて錠剤を口に入れたらすぐに飲み込む、などを意識すると、少しは飲みづらさが和らぐかもしれません。

 

それでも飲むのが難しい…という場合は、服薬用のゼリーやオブラートを利用することを検討してみてもいいかもしれませんね。

 

 

▲ページメニューにもどる

まとめ:便秘体質改善に必要な排便習慣をつけるのに良い薬

薬剤師タカラアイコン

 

マグミット錠は安心して飲める便秘薬としてとても有名です。

 

無理に出す刺激性の便秘薬と違い、排便習慣をつけるにはとても良い薬です。

 

多めの水でマグミット錠を飲むと、より便秘解消効果がありますので、服用する際はコップ1杯の多めのお水で飲みましょう。


 

 

▲ページメニューにもどる

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




【マグミット錠の副作用】下痢・腹痛・おならの薬剤師解説エントリー一覧

マグミットは市販で購入できる?ネット通販は可能?

マグミットの購入方法について聞かれることがあるのでこちらに記載していきます。結論から先にお伝えします。マグミットの市販品はありません。残念ながらネット通販や近くのドラッグストアで購入することはできません。しかし、同じ成分での代替品はありますので安心してくださいね。マグミットの市販品がない理由マグミッ...

続きを読む

【口コミ体験談】出産後の便秘と痔。痛すぎていきめない時のマグミットとラキソベロン

粉薬よりは良いけど…T.M.さん40代女性使用薬:マグミット錠500mg出産で入院中に、医師からラキソベロンと痔の薬とあわせてマグミットを処方されました。妊娠前から軽度の痔と便秘体質だったのが、妊娠で両方ともびっくりするほどに悪化。特に便秘は、常にころころのうさぎのうんちのようなものを、週に1〜2回...

続きを読む

【体験口コミ】妊娠中の便秘にマグミットが効いた。お腹が痛くならなくてよい

お腹が痛くならないのがよいE.S.さん30代女性使用薬:マグミット錠200mg妊娠中当時、便秘を放って1週間は優に過ぎてしまうような状態で、妊娠の影響で便秘になりやすい状況が続いていましたので、産婦人科で相談しマグミット錠を処方してもらいました。下剤も使用経験がありますが、何より身重のまま腹痛が起こ...

続きを読む

【体験口コミ】ラキソベロンからマグミットへの変更で便秘と下痢の繰り返し、副作用の...

効き目が穏やかで下痢になりにくいK.N.さん30代男性使用薬:マグミット錠330mg私は便秘で悩んで病院を受診し、そこで初めてマグミット錠330mgを処方され使うようになりました。マグミット錠を服用する前は日常的に便秘が起こっていて、その後下痢を起こすことがよくありました。便が出ない時には1週間ほど...

続きを読む

産後の便秘の悩み|会陰切開の傷跡が怖すぎて便秘に。マグミットで改善した例

翌日しっかりお通じがN.T.さん30代女性使用薬:マグミット錠250mg出産数日後に入院していた病院でマグミット錠を処方してもらい服用しました。元々あまり水分を取らないせいで便秘がちの体質だった上、分娩時に会陰切開をした事で傷口が裂けてしまいそうな恐怖感があり上手く力めずにいました。看護師さんからは...

続きを読む

薬剤師たからの無料セミナー開催中!