ラキソベロン

便秘解消プロジェクト>便秘薬・便秘製品の解説>便秘薬の種類と薬の減らし方>

ラキソベロンについて

ラキソベロン効果副作用

 

薬剤師ラキソベロン解説

 

便秘症の方であれば、多くの人が聞いたことがある有名な大腸刺激系の便秘薬のラキソベロン。

 

このページではラキソベロン(ピコスルファートナトリウム)の効果・効能や飲み方、副作用、Q&Aについてご紹介します。


 

 

市販のピコスルファートナトリウム配合下剤『ビオフェルミン便秘薬』の薬剤師解説記事はこちら

【ビオフェルミン便秘薬の副作用】下痢・腹痛・吐き気の薬剤師解説

 

 

ラキソベロンとは?

ラキソベロン外装画像

  • 商品名:ラキソベロン
  • 成分名:ピコスルファートナトリウム水和物

 

剤形

  • ラキソベロン内用液0.75%
  • ラキソベロン錠2.5mg

液体と錠剤の製剤の二種類に分かれます。

 

 

▲ページメニューにもどる

ラキソベロンの副作用:腹痛と下痢に注意

ラキソベロンは大腸を刺激するタイプの便秘薬ですので、腹痛・下痢の副作用があります。
発現率は5%未満とされており、100人中に5人以下の発現頻度となります。

 

その他、悪心や嘔吐があらわれることがあるとされ、気持ちが悪くなり吐き気を催す可能性があります。

 

また、頻度は不明ですが、クラクラしためまいのような症状を呈するという報告もあります。

 

 

▲ページメニューにもどる

【薬剤師アドバイスあり】ラキソベロンの効果・副作用口コミ集

 

ひどい下痢と腹痛で脳貧血に

ラキソベロン下痢腹痛脳貧血

 

  • S.F.さん
  • 20代女性
  • 使用薬:ラキソベロン内用液

 

もともとたまに便秘をする程度でしたが、妊娠中にだけ、とても頑固な便秘になりました。

 

ひどいときは1週間以上出ないこともありました。

 

出てもヤギの糞みたいなコロコロした硬い便でした。

 

なんとかしようと思って食物繊維の摂取量を増やしたり、マッサージをしたり、便秘に良いとされることをたくさんしましたが、何をしても出ないので産婦人科にて相談したところ、ラキソベロン内用液を処方していただけました。

 

もともと薬が効きやすい体質なので下痢にならないか心配でしたが、子供も飲む弱い便秘薬だし、量で効き目を調節できるから大丈夫といわれたので飲んでみることにしました。

 

 

処方されてすぐに使用しました。

 

小さくて目薬のような大きさの薬でした。

 

水に数滴落として飲みましたが、味は特に感じませんでした。

 

寝る前に飲んで、次の日の朝には出たという方が多かったのですが私は飲んだその日の夜中からなんとなくお腹がゴロゴロしだして、朝に少しだけ排便がありましたが昼過ぎまでゴロゴロだけが続きました

 

そして夕方くらいには酷い下痢となって全てが出てしまいましたが、酷い腹痛を伴って脳貧血を起こすほどだったのでそれからは飲んでいません。

 

同じく妊娠中に処方されたマグミットの方が個人的にはすんなりと出て痛みもなくて好きでした。

 

 

下剤の効果が出やすい体質ということで、ラキソベロンがすこし効きすぎている可能性があります。

 

マグミットで問題ないということでしたので酸化マグネシウム系の便秘薬が体にあっていると判断できます。

 

妊娠中の便秘には医師の処方を利用してほしいですが、産後で病院にかからなくなってからの便秘の薬のチョイスにも注意しましょう。

 

マグミットが調子がよいということでしたので市販の薬では3Aマグネシアや酸化マグネシウムE便秘薬という商品を選ぶと良いですね。

 

また普段から便秘にならない生活習慣・食習慣に気をつけてください。

 

産後は母乳をあげるので水分不足になりやすい状況のため、こまめな水分補給を心がけましょう。

 

お母さんの健康は子供にダイレクトに伝わります。 子育てで自分の食事に手がまわらないとは思いますが、発酵食品、食物繊維などをできる限り摂り、ご自身の健康にも気を使ってください。

 

不調時の便秘対策は以下の方法を実践しましょう。

 

薬剤師が教える6STEP便秘解消法

 

 

 

飲めばその日のうちにほぼお通じアリ

ラキソベロン腹痛ひどい

 

  • S.H.さん
  • 40代男性
  • 使用薬:ラキソベロン錠

 

通年便秘症に悩まされております。

 

酷い時には1週間便通が無い事もあります。

 

平均すると、2、3日に1回の便通で、その1回で大量に硬い便が出ます。

 

あまりに硬く大きな便だと血が出てしまい、暫く痛みが続きます

 

何度も総合病院に通院しておりますが、食生活の改善を行わないと便秘解消に繋がらないそうです。

 

通院時にラキソベロン錠を処方して頂きます。

 

20代の頃より便秘症でしたので、もう慣れてしまってはいるのですが、時に便秘が続いてしまうとかなりの腹痛に襲われる事があります。

 

常時ラキソベロン錠剤を持ち歩いておりますが、やはり腹痛がいつ来るのか分からないので怖いです。

 

 

ラキソベロン錠剤は、常に持ち歩いておりますが、なるべく飲まない様にしております。

 

便通が4日以上無かったり、便秘による腹痛が発生した時に飲むようにしております

 

やはり強い錠剤なので過度に飲む事は避けています。

 

飲んだ事による腹痛の副作用も稀に出ますので飲み続ける事はしません。

 

便秘が続いた時にラキソベロン錠剤を飲むと、ほとんどの場合にはその日の内に便通があります

 

1錠づつ飲みますが、1錠飲んで6時間程経っても便通が無い時にはもう1錠飲んでおります

 

錠剤なので持ち運びにも困りませんし、飲みやすいです。

 

ラキソベロン錠剤を飲んで便が出た時には本当にスッキリとした気分になります

 

 

中々、食生活の改善が出来ないので、便秘解消に繋がるというサプリメントを飲もうかと思っております。

 

 

ラキソベロンで腹痛があるようですね。 ラキソベロンは刺激性の便秘薬なのでお腹の痛みが出やすいお薬です。

 

ラキソベロンの錠剤だと細かな減薬が難しいので、液剤タイプのラキソベロンに変更してもらうのも一つの手段です。

 

ラキソベロン液の場合は、水に滴下した数だけお薬が飲めるので微調整が可能です。

 

また、それ以外には酸化マグネシウムという成分の便秘薬に変更してもらうのも良いでしょう。

 

こちらの薬は腸を刺激せず、お通じの水分量を増やすことで便を排泄しやすくするお薬です。

 

硬い便が大量に出て、血が出るという状況であれば刺激性便秘薬よりは酸化マグネシウムの方が肛門への負担も少なくて良いと思います。

 

便秘薬の選び方については以下のページに詳しくまとめてありますので参考にしてください。

 

薬剤師がおすすめする便秘薬の選び方

 

 

 

量の調整がしやすい内用液の方が使いやすい

ラキソベロン内用液使いやすい

 

  • S.M.さん
  • 30代女性
  • 使用薬:ラキソベロン錠・ラキソベロン内用液

 

2、3年ほど前にうつ病の治療のために精神科に入院していた時、ほかの薬のせいなのか、環境変化によるものかは分からないが便秘気味になり、週2回くらいしか排便がありませんでした

 

入院前には便秘の症状は見られず、最低でも2日に1回は便が出ていました。

 

病院の食事でちゃんと食物繊維などのバランスは取れているはずなのに、おかしいと思いました。

 

入院してすぐそういう状態になって、便が出なくておなかが苦しいような気がしてきました。

 

これ以上薬が増えるのは嫌でしたが、主治医に体重も落とすように言われていたので便秘のままでは困ると思いました。

 

主治医との相談の結果、ラキソベロンを飲むことになりました。

 

 

入院中の数ヵ月間ラキソベロン錠1日2錠、寝る前に飲んでいました。

 

薬の保管は看護師さんがしてくれていたので、時間がきたらもらって飲んでいました。

 

飲み始めると便秘の症状は改善してきたものの、しばらくたって2錠では効果が薄くなってきました

 

ほかの薬との兼ね合いもあったので錠剤はこれ以上増やせないことになり、新たに目薬の容器みたいな物に入ったラキソベロン内用液に変えてもらうことになりました。

 

内用液は10滴、15滴と自分の便秘の状態によって調整ができるので、錠剤よりも使いやすいと思いました。

 

ただ、少し味が苦いような気がしました。

 

それ以降は、便秘の症状が出てきたらラキソベロンの内用液を使っています。

 

 

ラキソベロン内用液を利用流で15滴以内におさまっているということなので使用量としては適正です。

 

しかし内用液も錠剤と同じで刺激性の便秘薬のため、続けて使ってしまうと効果が無くなることも考えられます。

 

うつ病からの便秘という流れなので、腸内フローラが乱れていてうつ病の悪化、便秘の悪化の可能性が考えられます。

 

まずは善玉菌を増やすように食物繊維、発酵食品、乳酸菌飲料を毎日食べるように心がけてください。適度な運動も重要ですよ。

 

脳腸相関といって腸と精神は密接に関連しています。

 

腸内環境が整うことでうつ症状が軽減されるというデータがあります。

 

また便秘が悪化すると悪玉菌が増え、腸内で作りだされる幸せホルモンのセロトニン量が少なくなるため、うつ状況になりやすいです。

 

食事、運動、お薬の3つを整え、うつと便秘を同時に治してしまいましょう。

 

便秘体質を整える方法は以下のページが参考になります。

 

薬剤師が教える6STEP便秘解消法

 

 

 

▲ページメニューにもどる

ラキソベロンのよくある質問Q&A

ラキソベロンはドラッグストア、通販など市販薬として販売されていませんか?

ラキソベロンは病院に行って医師の診察を受けないともらうことができない薬です。
医師の処方箋なしでは購入することができませんので、ラキソベロンが欲しい場合は病院へ行きましょう。

 

ラキソベロンを飲んでも効果がありません。なにかいい方法はないでしょうか?

ラキソベロンの飲む量は医師の指示に従った量で飲んでいますか?
もし指示通りの量を飲んでいるにもかかわらず効果がない場合は生活習慣や食生活を見直してみましょう。

 

食物繊維不足

 

厚生労働省から発表されている食物繊維の摂取目標値は男女の差がありますが、約18グラムとされています。
現在の日本人の食べているものの調査をしたところ、どの年代でも食物繊維不足があるとされています。

 

不足を補うためには、ただやみくもに野菜を摂ればいいというわけではありません。
水溶性食物繊維、不溶性食物繊維の2種類の食物繊維を的確に摂る必要があります。
以下のページで、食物繊維について栄養士からの説明を確認してみましょう。

 

栄養士が教える!食物繊維一日摂取量から考える摂り方

 

運動不足

 

腸を外部から刺激するのに運動をすることは重要です。
運動の仕方は激しく息が上がるような運動ではなく、ゆったりとリラックスできる有酸素運動が良いでしょう。

 

また、腸を刺激するという意味では、縦に揺れる運動や横にねじる運動がお腹に刺激がありおすすめです。
室内で行うのであれば、縄跳びをしている風のエア縄跳びや両手を左右にぶらぶらとねじる運動、フラフープを回すような運動などを行いましょう。

 

外で行う運動であれば軽いジョギングなどが良いでしょう。 ジョギングは縦にも横にも動きますので便秘に効果的です。
長い距離を走らなくても良いので、気分が良くなる程度のジョギングを行い、あとは歩くのみなどでもかまいません。
重要なのは毎日運動を続けることです。

便秘に効果的な運動についてはこちらから

 

ストレス・睡眠不足

 

ストレスや睡眠不足は便秘に大敵です。
なぜなら、これらは副交感神経がしっかりと働かない状況を招いてしまうからです。

 

交感神経が働くのは活動的な状態で、仕事、運動、興奮状態の時です。
副交感神経が働くのはリラックスしている時で、寝ている時間やお風呂、休憩中です。
人間は一日のうちに何度も、交感神経と副交感神経とが切り替わります。

 

副交感神経が働いている状態は、体や神経が休み、代わりに内臓が活発に動く時間です。
特に、睡眠中は起きている時間よりも腸が200倍動くと言われており、睡眠が深くしっかりととれないと腸の状態もよろしくありません。

 

常にストレスや悩みを抱え、質が悪い睡眠が続いている状態では、腸がしっかりと動けずに便秘が悪化します。
ご自身の生活リズム一度考え、直せる部分は直し、質の良い睡眠を摂るようにしましょう。

 

 

バリウムで胃の検査をしたのですが、その後ラキソベロンを渡されました。どのくらいでどんな便がでるのですか?下剤は初めてで不安です。

通常ラキソベロンを飲むと10時間前後で便意を感じ排泄があります。
バリウムを飲んでいるということなので白色、または白っぽい便が出ると思います。
ほとんどの人が、翌日排泄することで体外にバリウムは出てしまいます。
もし、ラキソベロンを飲んでいるにもかかわらず翌日にも排泄がない場合は検査を行った病院に問い合わせてみましょう。

 

ラキソベロンを飲み始めてから、日中にお腹がゴロゴロと鳴り、臭いのキツいおならがたくさん出るようになりました。使用を止めた方がいいですか?
ラキソベロンの効果が出るのは人によってまちまちですが、6時間から12時間くらいを想定しましょう。

 

日中にお腹が痛くなるのが困る場合はすこし早めに飲むか、薬の変更をすると良いでしょう。

 

一番安心なのは整腸剤で腸内環境を整え自然な排泄をする方法です。

 

整腸剤の選び方はこちら

 

 

整腸剤でも便秘の改善がない場合は、ラキソベロン以外の市販薬で調整する方法もあります。

 

以下のページを参考に薬を選んでみてください。

 

薬剤師がおすすめ!便秘薬の選び方

 

 

 

▲ページメニューにもどる

ラキソベロンの効果:ダブルの効き目で排便を促す

ラキソベロンの主成分であるピコスルファートナトリウム水和物が大腸に到達すると、腸内細菌と作用し化学変化を起こします。

 

その化学変化の結果生成された成分が大腸の粘膜に刺激を与え、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を亢進、便秘解消効果を発揮します。

 

また、便の中の水分量を増やすことですんなりと排便できるよう働き掛けます。

 

ここで注目したいのが、ラキソベロンの薬効には腸内細菌が関与しているという部分です。

 

これは、バランスのとれた腸内環境の方が、薬の効果にも良い影響があるということです。

 

腸内の細菌バランスが整うということは自力排便にも役立ちますので、便秘症の方はラキソベロンの服用と並行して乳酸菌や発酵食品の摂取も行い、腸内フローラを整えましょう。

 

 

▲ページメニューにもどる

ラキソベロンの特徴:比較的安全でも連用乱用はNG

ラキソベロンは他の下剤と違い、腸を動かす働きと便を軟らかくする働きとの二種類の便秘解消効果があるのが特徴です。

 

そのため、いろんな種類の便秘症に利用されやすい便秘薬となっています。

 

また、ラキソベロンの薬の成分は腸から体内に吸収されづらいため、子供から老人まで多くの方が安心して利用することができます。

 

その性質から、妊婦の便秘症にも処方されるケースもあります。

 

その他のセンノシド成分の一般的な便秘薬より安全性が高いという特徴があるため医師も使いやすい薬として認識さてれいる部分があります。

 

しかし、酸化マグネシウム(マグミット、酸化マグネシウム錠○○mg「ヨシダ」)などの薬とは違い、ラキソベロンには大腸に刺激をすることで腸が動き便秘を解消する作用があります。

 

そのため、連用や乱用をすると効果が薄れる可能性もあります。

 

 

▲ページメニューにもどる

ラキソベロンはどのくらいの時間で効き目があるの?

ラキソベロンは服用後7時間〜12時間で効果を発揮します。
夜寝る前に処方されるケースがほとんどです。

 

 

▲ページメニューにもどる

飲む量について

ラキソベロン液剤

 

成人は一日一回10〜15滴を、水の入ったコップの中に滴下して使用します。
コップに何滴垂らしたのかを数えながら、適量を服用するようにしてください。

 

ラキソベロン液の味は、口に含むとすこし甘い味がします。

 

ラキソベロン錠剤

.

成人は2〜3錠、7〜15歳は2錠を服用

 

小児・赤ちゃんのラキソベロンの使用量について

 

  • 6か月以下:2滴
  • 7〜12か月:3滴
  • 1〜3歳:6滴
  • 4〜6歳:7滴
  • 7〜15歳:10滴

 

 

▲ページメニューにもどる

ラキソベロン使用時の注意点

滴下タイプのラキソベロンは一滴ずつゆっくり滴下し、何滴たらしたかしっかりと見ながら量を調整しましょう。

 

ラキソベロンは安全という理由で薬剤耐性がないと勘違いしてはいけません。

 

ラキソベロンの乱用や毎日の飲むような連用はさけてください。

 

 

▲ページメニューにもどる

妊婦のラキソベロン服用について

ラキソベロンの添付文書には、「妊婦の使用は治療が有益の場合に限る」という注意書きがあります。

 

ほとんどの下剤の場合、妊婦への投与は原則禁忌となっている中、ラキソベロンはすこし軟化した書き方になっています。

 

妊婦もラキソベロンが使える理由について

 

ラキソベロンは体内に吸収されづらく、また血中に薬の成分がのりづらいため、妊婦の便秘症に処方されるケースの多いお薬です。

 

腸管のみに作用し、そのまま便とともに排出されるため、お腹の赤ちゃんへの影響が少ないとされます。

 

産婦人科で処方されることがあると思いますが、ドクターは妊婦さんの状況を見ながら薬の処方をしています。

 

用法や用量など、担当の医師の指示に従って服用してください。

 

 

▲ページメニューにもどる

授乳中のラキソベロン服用について

「授乳中のママがラキソベロンを使用しても良いのか?」ということについてです。

 

妊娠中の使用についての説明と同じになりますが、ラキソベロンの成分は血中にはのりづらく、母乳への移行も少ない便秘薬です。

 

そのため、授乳中のママにラキソベロンが処方されることがあります。

 

ラキソベロンは授乳期間中の服用でも心配の少ない便秘薬ですが、不安な場合は処方医に問い合わせてみましょう。

 

 

▲ページメニューにもどる

ラキソベロンのジェネリック

ラキソベロンのジェネリックはかなり多いので代表的な物のみ記載します。

 

  • ピコスルファートナトリウム
  • ピコダルム
  • ヨーピス
  • シンラック
  • スナイリンドライシロップ

など

 

病院で処方される便秘薬・整腸剤について薬剤師が紹介した記事はこちら

医療用便秘薬の種類一覧|酸化マグネシウムやプルゼニド、ビオフェルミンなど

 

 

▲ページメニューにもどる

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

健康食品でスッキリサポート




薬剤師たからの無料セミナー開催中!